ベトナムでの仕事の申請

履歴書と面接

ベトナムでの仕事を得る為のプロセスは、欧米の基準とそれほど違いはありません。オンライン求人ポータルは一般的で、面接でベトナムを訪れることは殆どありません。

申請は通常、履歴書、申請書、および関連する証明書で構成されます。長ければ常に良いというわけではなく、むしろ逆です!カバーレターは1ページを超えるべきではありません。採用担当者によっては、長いカバーレターを付けた応募者は検討しません。

履歴書は、あなたの直近の仕事から過去へと表示します。応募する職務によって履歴書を変更する必要があります。職務に関連するスキルを強調し、無関係なものを除外する必要があるのは、採用担当者は通常、それを見るのに1分以上は費やさないからです。

面接に招待されたら、準備のアドバイスはどの国とも同じです。あなたが応募している会社についてよく知っておき、正装し、礼儀正しくすることです。手際の良い質問をし、あなたがその職務に適している理由を伝えましょう。履歴書を持参するのを忘れず、あなたの過去について話さないでください(要約した過去の経験を直接質問されない限り)。あなたのビジョンと将来の計画を強調してください。

アジア諸国では、一般的に、採用担当者は時間の厳守と尊重を見ます。正当な理由で時間が遅れる可能性がある場合は、最低1時間前に電話をするべきです。担当者は多少の余裕をもっているかもしれませんが、あなたの行動があまりにも超越的であってはならないことを、心に留めてください。ジェスチャーはあまりしないようにし、声レベルを低く保ちます。担当者が名刺を提供する場合は、両手で受け取るととても丁寧です。名刺は敬意をもって扱いましょう。裏にメモを書いたり、直ぐポケットに入れたりしないようにしてください。又、面接の際には、とても無礼に見られるので、お茶の提供を拒否するべきではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です