ベトナムの雇用市場

仕事の見込みと探せる場所

ベトナムは21世紀初めに巨額の経済成長を記録したため、外国人やグローバル投資家にとって興味深い選択肢でした。それにもかかわらず、伝手なしで現地で仕事を見つけるのは、人材紹介会社や求人情報サイトを利用しないと、未だ難しいです。

今世紀初めからベトナムの貧困は減り、1人当たりGDP(国内総生産)を倍増させました。それでもまだ、アジア太平洋地域の貧しい国の一つです。さらには、高いインフレ率と食料価格の上昇に対処しなければなりません。それにもかかわらず、過去10年間で3%以下という低失業率、安価な労働力、若い労働者数が高いことから、ベトナムは国際企業に関心を示しています。

外国人はあまりアクセスできませんが、農業、林業、漁業は、変わらずベトナム経済の最大の部門となっています。しかし産業とサービスが増加しつつある中、このセクターは減少しています。1986年にベトナムを自由市場経済に変えたDoi Moi(改革)のプログラムは、ここで重要な役割を果たしました。

西洋と中国の主要企業は、最近、安い賃金と生産コストのために、ベトナムに移住しています。これらの企業は、しばしば元の国からの経験豊かな労働者によって、地元の人々を訓練させる事に従事します。

情報技術、建設、観光は、おそらく外国人が仕事を見つける最も有望なセクションと言えます。特にこれらの取引では、ベトナムに熟練した労働者が足りないためです。加えて、製造業、鉱業、衣服産業および電力分野でも検討する価値があります。

もう一つの可能​​性は、英語を教えることです。観光地としてベトナムの人気の高まりと世界市場への参入は、英語教師に対する需要の触媒となっています。

ベトナムでの就職先

適切な伝手やベトナム語を話す能力がないまま、現地企業での仕事を見つけるのは、不可能に近いです。逆に、日系企業やグローバル企業の仕事の見通しは、かなり良いです。

ベトナムでの就職を検討するなら、就職活動に少なくとも3ヶ月は必要です。適切な仕事がない状態で現地入りし、そこに留まっているか、又は、母国にいる時から検索し始めてください。

仕事を見つけ申請する事と、仕事を確保する事とは違うのです。後者は殆どの場合、ベトナムに来る事が非常に重要です。幸いなことに、ベトナムで外国人として仕事を見つけるのは、国際企業ならさほど難しくはないのです。しかしながら、絶対に必要とは言いませんが、ベトナム語の基礎を覚えるのは当然プラスとなり、彼らはあなたに更なる敬意を払うでしょう。

見通しはかなり良いものの、やはりベトナム労働者が優先されます。グローバル企業であっても、現地に代替が無い場合にのみ雇用される可能性もあります。経営者、執行取締役および専門家の少なくとも20%は、ベトナム人でなければならないのです。さらに、企業は外国人を置き換えるために、ベトナム人を訓練する事を保証しなければなりません。

グローバル企業で働ける可能性は非常に高いので、首都ハノイとホーチミン市(旧サイゴン)で、雇用のシェアを見つけることができます。希望の職種によって、ビン・ドゥオン(ビンズン)、ドンナイ、ハイ・ドゥオン、バリア・タウ、または多くの観光地で、空きのある職務を見つけることもできます。

検索できる場所

特に、ベトナムへ入国する前に仕事を探すことを強くお勧めします(これは強く推奨されています)。インターネットは求人広告のベストソースです。これは一般的な方法で、仕事を探せる多くの有益なサイトがあります。

キャリアリンク ベトナムはベトナムに特化しており、全ての分野から求人広告を掲載している日本人向けでは最大級のウェブサイトの1つです。モンスターやAsiacoの雇用センターでも、アジア向けの雇用を豊富に見つけられます。しかし、日本人には特化していません。そのため、必要最低限の英語力が必要です。

既にベトナムにいる場合は、地元の新聞で見つけることもできます。この場合は、ベトナム語を正しく理解しているべきです。

人材紹介会社 キャリアリンクベトナム

ベトナムにおける日系人材紹介会社では、もっとも古くから進出しており日本人向け求人数は最大となっています。ベトナム国内で就労を考えているなら、先ずは登録しておくことが良いと思います。

https://kyujin.careerlink.asia/vietnam

ベトナム最大級の求人情報サイト モンスター

ベトナムでも最も多くの求人情報が掲載されているサイトです。しかし、英語が話せることが絶対条件となりますので、英語がビジネスレベルで話せないと、就職のハードルは高いです。

https://www.monster.com.vn/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です