国際的な仕事の経験とキャリアを向上させる方法

国際的な仕事の経験は、しばしば2人の強力な候補者間で違いを作れることと、同様に個人的にもプロフェッショナルにも有益となります。

新しい国を探索し、新しい文化に親しみ、世界中の人々と出会うチャンスを得てください。ビジネスの世界は今まで以上に国際化され、雇用者は海外経験のある応募者に興味を持つ傾向が高まっています。ヨーロッパ言語の仕事に登録し、ヨーロッパの求人情報を一度フィルタリングし、言語と国/都市を選択すれば、その業界に絞って見る事ができます!かなり便利ですよね?

国際インターンシップや夏休みの海外の仕事を完了すれば、整った、独立的な、冒険的な候補者として、あなたは将来の雇用主に知ってもらえます。おそらくこれは、あなたの海外経験を積む一番の理由にはならないでしょうが、旅行して新しい発見をするのは皆好きですから、それに向き合ってください。人生のこの時期にキャリアをどう高められるか、過小評価してはいけません。インターンシップを検討するなら、もう1つの記事「インターンシップの23の理由」を読んで下さい。

国際的な仕事経験で将来の展望を高める方法

海外で働いた経験はとても印象的なことなので、あなたの履歴書は競争の激しい雇用市場で際立ちます。面接では、海外での経験を示し、ユニークなスキルセットで雇用主に印象づけることができます。国際的な仕事の経験は、応募できる職種の幅を広げ、新鮮で興味深いチャンスを引き出します。

言語スキル

ヨーロッパに英語圏は沢山ありますが、英語があまり使われていない国で働く場合は、現地の言語を習得するべきです。外国語の流暢性は、特に国際レベルで活動する組織では、海外のオフィスと通信できるスキルです。新しい言語を学ぶことは、キャリアをどう高められるかの重要な例です。又、あなたが主導権を握り、新たな課題に取り組みたいという意欲を、雇用主に示すことができるのです。

雇用可能なスキルを示す

雇用主や募集者がCV(履歴書)に目を通す時、彼らは常にその人の性格と資格に関する具体的な手掛かりを探します。同じ国にずっと住み、例え専門的な生活で都市に住んでいても、海外経験はもっと魅力が伝わります。例えばインターンシップや夏休みの海外の仕事でも、結果的に異文化に時間を費やし国際的な理解を拡げてきた人は、雇用主にとって魅力的です。

以下は、履歴書で国際的な仕事経験によって実証できるスキルです:

・自立

・冒険心

・自信

・野心

・オープンな心

・適合性

新しい方法を学ぶ

組織が国際的にどのように運営されているかをより良く理解し、世界市場についての知識を深めることです。この新しい知識を仕事に役立てる事ができます。母国以外で働いた事実は、文化的な考察や、他の候補者を超えたものを提供できるということを、雇用主にデモンストレーションすることになります。

グローバルネットワークの拡大

海外で働くと、全く違う文化圏の人たちと出会い、文化の規範と習慣について多くを学びます。これは、あなたが他国をより良く理解し、より良くコミュニケーションをとれるキャリアとなります。また、世界中のコンタクトベースを作れば、夢の仕事を開始できるかもしれず、将来的にとても有益となります。

自己開発

大きな気づきの1つは、国際的な仕事の経験があなたの自己開発となるという事です。新しい状況に突き当たった時に、迅速に適応する方法を学ぶものです。雇用者は、あなたが馴染みのない環境で働くことに慣れており、快適ゾーンから押し出されても適応できる人だと評価します。それがあなたの信頼を高めるし、以前は気にかけなかった難しい仕事を引き受けるきっかけを与えます。

海外で働くチャンスがあり、重要な仕事の経験を得られるなら、間違いなくやってみる価値はあります。多くの事を学び、多くの新しい人々に会うでしょう。 それはあなたのキャリアを進歩させ、候補者達の一歩前に出る可能性があります。これは、StudentJobからSophie-Anne Bradleyが寄稿したゲストブログで、研究を補完したり、キャリアチャンスを探す学生対象の、イギリスを拠点とするウェブサイトです。

国際的な経験を積んで、あなたの履歴書をより良くするチャンスを掴みましょう。海外で仕事を見つける最も簡単な方法は?すべての空席を1箇所に照合される「ヨーロッパ言語ジョブ」を利用すれば、求人検索で終日を費やす必要はありません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です