初級レベルの開発者が雇用されるための10の方法

初級レベル開発者を迎え入れてもらうには、雇用主が探しているものを、あなたが持っているかどうかを示す必要があります。ここでのヒントは、あなたに役立つでしょう。

初級レベルの開発者が仕事を見つけるのに、いら立つことがあります。殆どの求人広告は、あなたが持っているよりも多くの経験や、使った事のないツールに関する専門知識を求めているようです。しかも、あなたの学生ローンを十分に支払えないような給料で。この方程式の雇用者側を変える方法はさほど多くないですが、仕事をもっと簡単に見つけるために、できることは沢山あります。

1:他の開発者と話す

新しい雇用のチャンスについて聞ける最適な場所は、他の開発者からのものです。リクルーターは良いですが、実際にまだリクルーターに届いていない求人や、又はリクルーターが無理に詰め込もうとする求人もあります。しかし他の開発者はあなたを具体的に仕事へリードする事が出来るのです。又、あなたを個人的に紹介してくれたり推奨してくれるかもしれません。

2:長期的な準備をする

開発業界で仕事をしたければ、学校を卒業する1ヶ月前に仕事を探し始めるのでは、期待の仕事は見つかりません。現在仕事をしていて、転職を考えているのであっても、初級レベルの開発者は同じことを紙の上で見ていると理解して下さい。早く良い仕事に就きたいなら、大勢の中で目立つことが不可欠なのです。それはプロセスです。単に “適切な学校”に行くとか、“適切なツール”で作業するだけでは不十分です。NETやJava、PHP開発者は数多く存在し、0〜3年の実務経験があります。事前に基礎作りを開始しなければ、あなたが他の誰よりも優れた雇用であるかを示すのは難しいです。

3:オープンソースプロジェクトや個人プロジェクトで作業する

自分を引き立たせる最善の方法の1つは、実際に作業したプロジェクトを見せることです。職場や学校外では、それをやり遂げるのにあなたを呼び寄せ導いてくれる人々のいる所がとても良いです。言うことは簡単で、「最初の仕事はタイムシートアプリケーションで作業しましたが、ソースコードを表示できません。」「デモをしたり、高品質のコードが書けることを証明するコードのコピーを面接者に残したりする人がいるのは、稀な事です。」と。あなた自身の仕事や怠けたチームの仕事は、彼らを微調整してくれる人を必要としていないことを示します。それは初級レベルの開発者を雇うときの、雇用主の懸念事項です。

4:存在を見せる

プロジェクト作業はあなたの可視性を高めます。開発者コミュニティに参加しましょう。フォーラムで人々を支援したり、ローカルユーザーグループに参加したり、一般的にオンラインとオフラインの両方で友好的になるよう努めていると、それは仕事を得るのに長い道のりで助けになっていきます。あなたは人々が持つすべての質問に答えられますか?できませんよね。ですが、喜んで人の助けとなり、他の人ができないことをするによって、あなたは好印象を与え、人々に覚えられます。たとえば、私が出席する色々なNETユーザーグループでは、支援するという事が、求人者と新しい仕事に出会える最適な方法なのです。

5:選り好みしすぎない

多くの初級レベルの開発者がしてしまう重大な間違いは、彼らが特定の仕事や技術の“上”にあると考えることです。私はそれを壊すのは嫌いですが、しかしこれはあなたが会費を支払わなければならない産業ですから。はい、ある技術や業種で働くことで、キャリアを制限されるかもしれませんが、次のレベルにステップアップするための必要な経験を与えます。たとえば、私の近くにある会社は、COBOLの従来のアプリケーションで作業するために、大学から直接に雇用するのが好きです。COBOLは最も需要の多いスキルとは言えませんが、彼らはBig Dataの技術とエンタープライズ環境について、多くのことを学んでいます。そのような経験は、将来的に他の職務に移行する大きな助けになるでしょう。

6:市場を理解する

あなたは目標とする仕事に最適な履歴書とスキルを作り上げなければいけません。求人広告を見て、どんなスキルが求められているかを見てください。それらのスキルを持っていれば、履歴書にそれらのスキルを強調して表示します。持っていなければ、学ぶのです。他の求職者が持っているスキルや経験を考え、あなたの履歴書が彼らとどう異なっているかを確かめてください。

7:あなた自身を理解する

人々はしばしば、有用でないと考えているスキルや経験を積み重ねていますが、他の誰かは有用だと考えるでしょう。たとえば、コンビニでシフトマネージャーとしての仕事を放棄したくなるかもしれません。しかし初級レベルの履歴書の海では、そのようなリーダーシップの職務は、あなたが雇われるべき理由を示すのに役立つのです。もちろん船外に出さないでください。地元の脊柱タップファンクラブの一員として働くことで、どんな仕事でも得られるというわけではありません。しかし、その経験やスキルが仕事に役立つ(または職場で役に立った)場合、それはおそらく履歴書に入れる価値があります。

8:面接を学ぶ

面接を上手く進めるのは、一般的には経験によります。セールス職の最も難しい部分を、あなた自身について話すことと組み合わせれば、多くの人々を不快にしてしまいます。面接のための多くの良いヒントはありますが、最も良い方法は、多くの面接を受けることです。相手とやり取りする実践は、何がうまくいくか、何がいかないかを理解するにはベストです。特に雇用市場でより経験豊富な人と練習する場合は特にそうです。

9:履歴書を仕事に合わせる

初級レベルの開発者として雇われるには、すべて目立つことです。履歴書に目を通す人々が、彼らが望むものを見つけるのに骨を折る場合、その履歴書はすぐにパイルの下へ移動されます。履歴書を送る前に、広告を慎重に見て、すべての指示に沿って、広告が求めているスキルと経験を、強調してください。

10:落胆しない

ソフトウェア開発は厳しい業界です。海外からの応募者や経験豊かな人たちも、すぐに仕事を見つけるのが難しいです。良いニュースは、ソフトウェア開発者の市場はまだかなり強いことです。実際の問題は、雇用主が探しているスキルと、応募者が持っているスキルとの間にズレがあることです。雇用主が探しているものを持っていることを、雇用主により効果的に示せれば示せるほど、市場に参入するのが早くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です