ベトナムで就職する方法(3)

仕事への応募

1. 履歴書を順番に記載してください。
海外に就職する準備ができたら、母国でするべき必要なことを全てやってください。これには、あなたの履歴書が順調で最新であることが含まれます。海外就職を申請するときは、働く国での履歴書の具体的な要件を満たしているべきです。

・これには、あなたの婚姻状況と子供の数が含まれます。その国の要件を調べてください。

・国際的な履歴書は、あなたの異文化間のスキル、そして、あなたの性格が雇用者の理想的なプロフィールにマッチするかどうかに焦点を当てがちです。

・ヨーロッパでは、履歴書はCVまたはカリキュラムと呼ばれます。

2. あなたのスキルを強調し、現地の文化に適応してください。
海外の求人に応募することも、どんな求人に応募することも似ています。雇用主はあなたのスキルを見て、彼らの要件を満たしているかどうか確認します。もし移り住んだ国で特殊スキルを持っていても、好みの仕事が無ければ、どの国がそのスキルを持つ外国人を必要としているか調査してください。

・履歴書を書く際は、そ国の文化を念頭に置き、それに適応するように書きます。

・働く文化は国ごとで大きく変わるので、その国の文化を理解し感謝を示すことが大事です。

・求人が外国語で広告されていた場合は、一般的にはその言語で対応する必要があります。

3. 面接の準備をしてください。
海外就職を申請する場合は、最初の面接が電話またはSkypeで行われるという合理的な方法があります。この場合も、直接の面接と同様に準備するべきです。あなたの心を適切なフレームにおく為にも、スマートにドレスアップし、あなたの声がはっきり聞こえるように、立って話す事を考えてみてください。

4. 、面接中は適切に行動してください。その国で面接を受ける予定なら、面接の習慣と期待される内容を調査をしてください。例えば、あなたが日本で面接を受ける場合、部屋に入るときに深くお辞儀をしますが、他国では違いますよね。中国では、人に会うときに握手する習慣はないので、握手しないでください。しかし、もし相手が手を差し伸べたら、彼らのリードに従いましょう。

・国際的なビジネス環境にある場合は、さまざまな国籍や習慣が混在する可能性があるので、交流方法に注意を払いましょう。

・面接に関して不確かな場合は、雇用主の人事部に確認してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です