ベトナムで就職する方法(1)

もし、あなたの夢が旅行、異文化の体験、初めての国で最初からやり直す事なら、ベトナムでの仕事があなたの選択肢かもしれません。ベトナムで就職するには知るべきことが多くありますが、昔ほどは難しくありません。テクノロジーにより、他国の就労チャンスは見つけやすくなりました。リサーチし、仕事に申請する前にすべての要件を満しているかどうかを確認しましょう。


仕事の調査

1. あなたが働きたい国(ベトナム)について調べてください。
ビザの種類や予防接種など、実用的な情報を見つける必要があります。又、選んだ国の文化や生活状況を把握してください。快適な生活をするのに十分な仕事を得るには、生活費はどうなのか調べてください。安全情報、医療施設、旅行警報に精通しているべきです。

・大使館に連絡するか、ウェブサイトを訪れ、そこで働くために何が必要かの詳細を調べてください。

・その国で働く外国人が運営する雇用や生活のウェブサイトがあります。ブログのようなものは、外国人労働者の生活がどんなものなのかを知るよい方法です。

例えば、こんなサイトがあります。
– サイゴンワーク:ホーチミンの現地で働いている方の生活ブログです。
– ベトナム生活観光情報ナビ:ベトナムの生活情報が掲載されています。

2. ベトナム就労の異なるルートを調査してください。
仕事とキャリアを追求するには、様々な方法があり、それは異なる状況で異なる人々にアピールするのです。ベトナムの仕事やキャリアを追求するには、さまざまな方法があります。仕事は短期間のものと、より永続的なものがあります。仕事をしたい国が決まっている、また未定の場合でも、仕事を見つけるあらゆる手段のリサーチに時間を費やすべきです。

3. 日本の仕事を探してください。
海外で働くことに興味がある日本人の選択肢の一つは、日本政府のための仕事を探すことです。世界各国で働くために政府が採用する職種が幅広くあるのです。

・ボランティアなどの社会福祉組織は、海外での就職リストや働くチャンスも提供しています。ボランティアの立ち位置は自主的ですが、他国で働く優れた経験をあなたに与えることができます。

4. 日本語を教えることを検討してください。
ネイティブスピーカーがベトナムで働く人気の仕事の一つは、日本語教師です。世界中の語学学校や教育機関では、短期および長期の仕事が多くありますが、十分な訓練を受けたネイティブスピーカーが求められます。要件は異なりますが、多くの場合、学士号と日本語教師420時間講習の修了が必要となります。

5. 外国人オフィスを持つ現地企業を検討してください。
日本の多くの企業は、他国に拠点をもっています。ベトナムに国際企業のサテライトオフィスである小さな組織があるかもしれません。国際的リーチのある組織で働くと、ベトナムの仕事に就くことができます。

・時折、地元近くを探すことで、思いがけない確率で働く可能性もあるのです。

・地元の企業に応募するほうが、遠くの外国企業に直接申請するよりも容易です。

6. 正規の求人サイトで外国人の求人情報を検索して下さい。
東南アジアの就職専門サイトだけでなく、正規の求人サイトやリクルート企業を無視するべきではありません。これらの最大規模の団体の多くは、国際的に活動し、国内向けと並んで海外向けの広告を宣伝する場合があるのです。幾つかの求人サイトを検索し、リストを見てください。

・リクルート企業のサイトには、海外就職を希望する人にも役立つヒントが付いている事がよくあります。

・リクルートアドバイザーが良いヒントを提供してくれると思うなら、直接訪問してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です