PHPとHTMLの違いとは?

PHPとHTML- 違いは何でしょうか?まず、HTML(Hypertext Markup Language)はマークアップ言語で、PHPはサーバー側のスクリプト言語です。 HTMLがすべてのウェブ開発のバックボーンとなり、フロントエンドウェブ開発で使用される最も基本的なテクノロジーの1つと言えます。PHPスクリプトはバックエンドで実行され、サーバー上のデータを操作し、ユーザーの入力に基づいてウェブページにコンテンツを出力します。同時に動的ウェブサイトを可能にしています。両言語はウェブを念頭に置いて作られており、共にウェブ上の最も遍在するビルディングブロックです。

両言語はしばしば並行して働いているものの、非常に異なる役割を果たしているのです。これらがどのようにウェブテクノロジーを強化し、組織しているかを見てみましょう。

PHPとは?

PHPは、動的ウェブサイトの背後にある機械のようなものです。 PHP(Hypertext Preprocessor)は、1995年以来の、ウェブ開発者のためのサーバサイド言語である汎用のスクリプト言語です。今日のサイトの大部分では、WordPress、Drupal、Joomlaなどのコンテンツ管理システム(CMS)のバックエンド言語として人気です。簡単なブログでも、プロのランディングページを設定する中小企業のオーナーにとっても、CMSはセットアップが最も早くて安価な方法であるため、PHP開発者の需要は高いです。

PHPスクリプトは、サイトの基礎となるHTMLファイルからリンクされます。

又、LAMPソフトウェアスタックのPとして最もよく知られています。

HTMLとは?

HTMLはウェブサイトの構造でありバックボーンです。HTMLは、他のフロントエンド技術のCSSやJavaScriptと並び、ウェブの大きな3つの構成要素の1つと言え、ほぼ全てのウェブサイトのフロントエンドコードに含まれます。ブラウザにコンテンツが表示される一般的なレイアウトや方法は、すべて静的構造、組織、コンテンツで、HTMLで記述されます。

HTMLファイルは「タグ」を使用して、ブラウザに特定のテキストをどう表示するかを指示し、又そのファイルにサイトの他のすべての動的側面を埋め込むこともできます。たとえば、インタラクティブな機能を追加するPHPスクリプト、サイトを接続するサーバー側スクリプトデータベース、スタイルファイル要素を追加するCSSファイルが含まれています。 これらのファイルはすべて、サイトコードのバックボーンのようなHTMLファイルからリンクできます。

PHP対HTML:主要な類似

双方はウェブ開発のスペクトルの反対側で働くように設計されていますが、いくつかの類似点があります。

・双方とも、殆どのブラウザと互換性がある

・双方とも、AJAXと動的ウェブサイト、HTMLはフロントエンド、PHPはバックエンドと統合できる

・双方とも、世界中の開発者の巨大な才能を持つ

PHP 対 JAVASCRIPT:主要な相違点

多くの開発者にとって、その答えは明らかです。HTMLはフロントエンドのウェブ開発のバックボーンであり、PHPは最も一般的なサーバーサイドスクリプトです。スキルはしばしば開発者によって共有されますが、双方はそれぞれ非常に異なる責任を持っています。

・PHPは汎用に解釈されたプログラミング言語で、 HTMLはマークアップ言語。HTMLがプログラミング言語と見なされない理由は、1 + 1 = 2のような計算を実行できないため。あたかも作家が原稿をマークアップするように、文書をマークアップするのが標準。

・PHPはバックエンド技術で、 HTMLはフロントエンドの技術。

いつPHPやHTMLを使うべきか?

通常、HTMLはクライアント側、PHPはサーバー側のプログラミングで使用され、これは両方とも同じプロジェクトで使用される可能性が高いことを意味しています。HTMLはウェブサイト上のコンテンツがどう表示されるかを組織化し、PHPはバックエンドでHTMLが表示するコンテンツのパワーとポピュレートのロジックを提供します。それを念頭に置き、サイトは何があってもHTMLが必要だと思ってください。PHPバックエンドを持っていれば、この2つのテクノロジーは、動的ウェブサイトを実現するためのインターフェースとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です